メンタルが停滞している時の過ごし方

スポンサーリンク  

cheetahさんによる写真ACからの写真

 

最近、何もやる気が起きず、停滞した日々を送っております。

旦那さんもどうやら同じような感じらしいです。

夏バテかねえなんて話たりしていますが、そんななか私がやっているのが、掃除と捨活(ステカツ)です。


toyaさんによる写真ACからの写真

掃除は、あまり得意ではないので今まではギリギリまで見て見ぬふりをしてきたのですが、「掃除は精神的に落ちているときに効く」となにかで読んだのをきっかけに、ここのところ日々やるようにしてみました。
精神科医の先生のTwitterだったかな…

といってもごく簡単に。ホコリを払うのと床をワイパーではくのをささっと。

これまでがほぼやっていなかったようなものなので、ハードルをできるだけ下げて継続できるようにしています。

今日は終日おやすみなのに出かける気力がなかったので家から出ずに過ごしました。そのかわり、ずっと見てみぬふりをしてきた浴室の床とガラス扉の黒い汚れをブラシでゴシゴシこすって落とし、洗面所のボウルとキッチンの蛇口とシンクを光るまで磨き、レンジフードの上のベタベタ汚れをつるつるに落としました。

これまでやってなかっただけに、掃除するところ多いわあ…^^;

 

マンガ『カカフカカ』の主人公の女の子の、「悩み事があると家事に走る」というエピソードに、無意識に影響を受けているのかもしれません(笑)

私はじっとして考え事をしていると考えが堂々巡りでぐるぐるしてくるし、ぼーっとしてると気づけば何もせずに2時間経過とかもよくあり、しかもそれっていい考えは浮かばず何なら苦しいだけなので、断ち切りたいんですよね。

手を動かすと無心になれるし、逆に考え事をしてても手は動いてるので作業は進むし、達成感を簡単に得られるし、きれいになると気分もいいしで、お掃除、メンタルが落ちてる時にたしかにいい気がします。

 


まんだむさんによる写真ACからの写真

捨活については、「捨てた方が運気が上がる!お金が入ってくる!」と聞いてからは捨てることへの罪悪感がかなり薄れ、少しづつ捨てられるようになりました。
これってもしかして「断捨離」っていうのかな。すみません、「捨活(ステカツ)」と「断捨離」の区別はついていません…。

特に、「ついていなかった時代に買ったものを捨てるといい」という話。

ブラック企業で人格攻撃に日々さらされて自己評価がどん底だった頃、なんとかして自分の価値を上げたくて買った、今となっては好きでもないブランド品などは、見るたびに辛かった頃を思い出すのに、高かったからもったいなくて捨てられなかったのです。今では買えないようなものもありますし。

あとは、前の彼氏と付き合ってたときに買ったものとか。これも、見ると嫌なことを思い出してその度にちょっと暗い気分になります。

セオリーどおりに、まずは小さなものからちょこちょこ捨ててみて慣らし、数日たった今では大物も少しづつ捨てられるようになってきました。

高価であろうと、まだ壊れてなかろうと、「なんかもうこれやだ」と思ったら捨てていいんですね。

 

たぶん、今の荷物の1/3くらいには減らせるんだろうなあと思っています。ほんとはもっと減らしたい。がらんとした部屋にしたいです。

こんまりさんのご本で読んだ気がするのですが、捨てて捨てて捨てまくっていると適正量になった時に「カチッと分かる」のだそうです。

そうなると、その量の暮らしが気持ちよく快適なので、それ以上は増えないのだとか。

 

「捨てる」「運気」とかでググると、捨てると運気が上がるアイテムがたくさん紹介されていて、勢いがつくのでおすすめです。

私は風水は全くわからないのですが、「捨てれば入ってくる!」と信じて、なくなることを恐れず、捨て続けようと思います。

 


akizouさんによる写真ACからの写真

メンタルが落ちてる時はつらいですが、明けない夜はないといいますし、いつか上昇するはずというのはどこかでわかっています。

それまでは、自分で自分のご機嫌をとって、やりすごそうと思います。

お掃除でもしながら。(苦手だけどw)

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

みなさまも、いい一日になりますように。

 

    スポンサーリンク

ブログランキングに登録してみました。 もしよろしければポチッと応援していただけると、とても嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください