ラーメン屋でモヤモヤした話

スポンサーリンク  

美味しいラーメンを食べてきました。

なので、最初はお店紹介のグルメ記事を書いていたのですが、書いているうちにいろんなことを思い出して、最終的にちょっとネガティブな内容になったので、店名は出さないように書き換えました。

すごーく美味しいラーメンだったのだけど…

自分の中から出てきたものを、たとえネガティブなものでも大事にしようと思います。

 

そんなわけで、出先で暑くて汗もかいたし塩気と汁気が欲しくてラーメンが食べたくなり、うろうろしていて偶然入ったラーメン屋さんでの話です。

いかにも美味しそうな店構えで、なんとなくおしゃれだったので、お腹もすいてたし入ってみました。

店内に「TRY 受賞!」的なことが書かれているポスターが貼られていて興味深く眺めたり。(写真は撮れない雰囲気だったのでありません)

TRYは「東京 ラーメン オブ・ザ・イヤー」だそうです。

知らんけど、なんかすごいのかな?と思って待ち時間に食べログを見てみると、その地域のラーメンランキングで10位以内に入る人気店のようでした。

偶然入ったのにラッキーなんて思ってちょっとごきげんの私。

 

先客はおじいさん1人でした。

Uの字型カウンターだったので、特に深く考えることもなくおじいさんのお向かいに座ったのですが、視線を感じてふと顔をあげると、おじいさんがラーメンを食べながら私のことをめっちゃ睨んでました。

ただ目つきが悪い人なのかもしれないですけど、それにしたって何でこっちを見ているのかが不自然ですよね。

スマホを見る人が嫌いなんだろうか…。それとも、座った直後に荷物を落としたのが騒がしくて嫌だったのかな、なんて咄嗟にあれこれ考えましたが、目が合ってからもそらすことなくおじいさんが睨みつけてくるので、1つ席をずらしてお向かいから逃げました。謎のメンチじいさん。

 

そうこうしてるうちにラーメン到着。

すり鉢状のおしゃれなラーメン丼に入ってたりして、もう美味しいの確実な感じでメンチじいさんのことも忘れてテンションが上がる私😁

スープも麺も超美味しくて、こりゃーいいところに当たったぞ!!!という感じ。

 

「すごく美味しかったので、また食べに行きたいです」とここでブログに書こうとしたのですが、ちょっと気になって手が止まってしまったのです。

あのお店に、本当にまた行きたいかな?って自分に問いかけた時に、素直に「行きたいです」って言えないなと思って。

何かが引っかかる気がするのです。

思い当たるのはお店の雰囲気でした。

メンチじいさん以外にもちょっと気になることがあったのです。

  スポンサーリンク  

メンチじいさんが食べ終わって出ていった後に、若い女性が入ってきたのですが、店員さんがものすごく丁寧に接客し始めたんですよね。

わざわざ厨房から出てきて、券売機でチケットを買う前からお薦めのメニューをいくつも説明したり、「どうぞこちらにおかけください。この席はクーラーがよく効いて涼しいですよ」と席の案内をしたり、「前にも来たことあるんですか?いつ頃ですか?」とかガンガンコミュニケーションをとっていて。

私の時とのえらい対応の違いに、驚いてしまいました。

え?あなたこの人が来るまで完全に無言&不動でしたよね?

話しかけられてる女性は特に美人というわけではないけど、若くて髪を巻いてて短いスカートを履いていました。こういう格好をしているとこんなところでもやはり手厚いサービスを受けられるんだろうか、とその時思いました。

今思うと、我ながらその思考にゾッとします。

前職と前々職で女っぽい格好をしているとセクハラを受けるけど得することもあったんですよね。

それをこんな時に当てはめて「ああ、やっぱり」って思うなんて、我ながら歪んでる。

さらに、そりゃーいくら女でも私はすっぴんメガネにキャップ被ってジーパンTシャツだから色気なさすぎて無視されるわな〜なんて、その時は珍しく卑屈な気持ちになったりして。これも歪んでる。

別に話しかけてほしいわけじゃないんだけど(むしろそういうの面倒くさいから話しかけられない方がいいんだけど)、対応が違うことで差別をされたように感じて何だか引っかかってしまいました。

食べ終わって「ごちそうさまでした」と声をかけてお店を出ましたが、最後まで店員さんが話しかけてくることも、厨房から出てくることもなかったです。ま、当たり前なんですけどね。

おじいさんに睨みつけられたくらいだから自分では気づかないうちに何か悪いことをしたのかもしれないし、いつもこんなに差をつけた対応をされると限ったわけじゃないし、たまたまかなと思い直して、帰ってきました。

 

おじいさんの目つきも店員さんの接客も、たぶん私が勝手にモヤモヤしただけなのかもと思います。

それはきっと前職・前々職で受けたセクハラやモラハラで、男の人の言動に過敏になっているのと、前提がおかしなことになっていることが原因だと思います。

女は女らしい格好をするべきだ、的なやつ。

男の人は女らしい格好をしていると対応が変わると思っているようなやつ。

対応がよくなることもあるけど、それはセクハラも招くリスクがある、という認識。

 

思いがけないタイミングでこういうのが顔を出しますね。

もう忘れたのかと思ってたけど、心の傷ってなかなか癒えないもんなんだな。時間が早く経たないかな。

 

    スポンサーリンク

ブログランキングに登録してみました。 もしよろしければポチッと応援していただけると、とても嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください