勘の話

スポンサーリンク  

ずっと気が進まなかったクライアントの撮影が終わりました。

現場に行ってみて感じたのは、各スタッフともメールでやりとりをした時に感じた印象そのままでした。

感じが悪いと思ってた人は、会ってみても感じが悪く。

とても感じがいい人は、やっぱり感じがいい。

ひっくり返ることはなかったです。

 

私は空気を読むとかが苦手で、人を見る目がないなと常々思っていたんだけど、今回メールで受けた印象と会った時の印象が一致していたのが嬉しかったです。

この人は感じがいいとか悪いとか、そういう勘はちゃんと合ってるというのは、自分への信頼感が高まりました。

  スポンサーリンク  

こういう勘は、前職の在職中に鈍ってしまったことがあって、とても残念に思っていました。

前職の上司(というか社長)からのパワハラで人格攻撃を日常的に受けていたことで萎縮してしまい、感情を殺すように、自分の感情を無かったことに、自然と頭に浮かんで考えたことを否定して考えなかったことにすることを続けていたら、いろんな勘も鈍っていったんですよね。

今から思えばそりゃそうだって感じです。

勘で感じたことも「そんなはずはない」と自分に言い聞かせて否定していたので、そりゃ鈍りますわ。

「社長きもい。…いや、そんなことを考えてるのがバレたらまた攻撃される。奴は感づくから。そんなこと考えちゃいけない。お世話になってるんだから。きもいなんて思っちゃいけない」みたいな感じでした。

やべー、つらいww

 

でもあの時は、あの環境、状況では、そうしないと生きていけなかったんだね。

しょうがなかった。頑張ったんだね、わたし。

 

会社を辞めて、もう自己否定をしなくてもいい今が本当に幸せ。

 

こういう勘は、たぶん私のやり方ではすごく重要だから、優先させていこうと思っています。

 


ブログ投稿チャレンジ8日目。

100記事投稿まで、あと80記事。

    スポンサーリンク

ブログランキングに登録してみました。 もしよろしければポチッと応援していただけると、とても嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください