適当料理が成功して嬉しかった話

スポンサーリンク  

今日はお休みなので、溜まった家事を片付けながらおうちでのんびり。至福の時間です。

ひとりごはんだったので、朝食も昼食も家にあるもので適当に作ったら、珍しくどっちも成功して、大満足でした 😀

朝ごはん

サッポロ一番塩ラーメン 野菜炒め+水菜のせ。

ちょっとだけ残っていた野菜炒めと水菜を乗せただけです。

食べる前に全部わさわさ混ぜると、水菜がちょっとだけしんなりするので、食べやすくなります。

 

残っていた野菜炒めが、ほぼ肉しかなかったので、野菜を追加しようと思って水菜を追加しました。

ちなみに肉野菜炒めを作ると肉ばかり残るのって我が家あるあるです 🙄

 

おひるごはん

チキンとほうれん草のカルボナーラ。

これ成功したのめっちゃ嬉しかったです!

 

というのも、

1.鶏肉とキャベツの味噌炒めの、鶏肉ばっかり残ってるやつが消費できた

2.初めてカルボナーラ作った

3.賞味期限が今日までの卵を消費できた

4. 賞味期限がちょっとだけすぎた牛乳を消費できた

  スポンサーリンク

5. 忘れかけていた冷凍ほうれん草を有効活用できた

6. 初めてワンポットパスタ作った

 

という、地味に私なりにチャレンジングな事柄をクリアできたからです。

 

料理が苦手で、かつ食品ストックをすぐにダメにしがちなのに、食材を捨てることにとても罪悪感があるので、捨てずに活用できるとすごく満足感があります。

特に味噌味の鶏肉の残りは、どうしようかと途方にくれていましたが、まさかのカルボナーラに化けて全く違う味にリメイクできたのが本当に嬉しい。

こちらのレシピを参考に作りました。

Cpicon カルボナーラ風★簡単パスタ by 93_ぽんたろう

生クリームがなくても、多めの牛乳を煮詰めることでトロリと濃厚なクリームソースになりました。

私はこのレシピに、とろけるチーズとチューブにんにく、クレイジーソルトを追加しました。

お肉についてたはずの味噌味は全く感じませんでした。

ここまで違う味になったリメイクも初めてかも。

 

適当料理が成功してほんと幸せです。

こうして苦手な料理のハードルが下がるといいなあ・・・

もっと旦那さんに気軽に作ってあげられるといいんだけど、人に食べさせるとなるとつい構えてしまって「作れない」と言ってしまったり、弱気に作ってしまって失敗したりします。

自分で食べるだけだと思うと安心して「えーい行ってまえ」と思い切った味付けとかアレンジができるんですよね 🙄

自信がつくまで、ひとりごはんで成功体験をつんでいこうと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました 😀

 

    スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です